葉酸サプリ

葉酸サプリを比較紹介@妊活さくらの幸せブログ

妊活中~妊娠中に摂取すべき葉酸サプリを徹底比較しています。その他妊活中のあなたに役立つ情報や知っておくべき情報を載せています。

妊活中のダイエットは控えるべき?太り過ぎは妊娠率低下?

目安時間 約 4分

216331

妊活中の女性で、太りすぎていると妊娠しにくいと聞いてダイエットする人がいます。確かに、肥満は妊娠しにくくなるといわれていますが、でも痩せすぎてもよくありません。

 

妊活中のダイエットはするべきか、しないべきか、妊娠と体重コントロールについてまとめてみました。

 

太っている人は妊娠しにくい?

肥満になると、身体に脂肪が多くなります。女性ホルモンは脂肪に溶けやすいという性質があり、脂肪が多いと、身体の女性ホルモンのバランスが悪くなってしまいます。

 

このような、ホルモンバランスの乱れは、生理不順にもつながり、妊娠しにくい身体になってしまいます。

 

また、肥満により排卵機能に悪影響が出ることもあります。卵巣内にある卵胞は卵子を送り出す器官ですが、この卵胞がうまく働かなくなる多嚢胞性卵巣症候群も、肥満を解消することで症状が改善されることが分かっています。

 

痩せている人は妊娠しにくい?

スリムな体つきのほうがきれいでかっこよく見えるという風潮がありますが、痩せすぎの人も妊娠しにくくなります。

 

やせすぎになると、生殖に関係するホルモンの分泌の機能が低下し、最悪の場合、月経や排卵が停止してしまうことがあります。

 

特に急激に体重を減量するようなダイエット方法は危険です。また仮に妊娠できたとしても、痩せすぎの人はお腹の赤ちゃんへの栄養がきちんといきわたらなくなることもあります。

 

妊娠に理想の体重とは?

では、妊娠に理想的な体重とはどの程度のものなのでしょうか。

 

まず、自分の標準体重を測定してみましょう。標準体重は「BMI」という数値を計測して判断することが出来ます。

 

BMI=体重(kg)÷身長(m)の2乗

 

この計算式で算出した数値が18.5以上25未満であれば、標準体重ということになります。最もベストな値は22.0だといわれています。

 

つまり、25以上だと肥満、18.5以下だと痩せすぎになりますので、これに当てはまる人は体重をコントロールしたほうがいいでしょう。

 

急激に体重を減らすのはNG

ただし、太っているからと言っても短期間で急激に体重を減らす方法はよくありません。過激なダイエットはホルモンバランスをくずす原因になります。

 

最悪の場合は生理がとまったり、脳視床下部の働きが止まることにより、排卵が起こらなくなることもあります。脳視床下部は排卵コントロールのホルモンを分泌する器官ですが、一度働きが止まってしまうと、たとえ標準体重に戻ったとしても、機能が回復しないこともあります。

 

妊活中に理想的なダイエットは?

ダイエットを行う場合には、月に1~2kgの減量ペースを心がけてみましょう。適度な運動とバランスの取れた食事で健康的にダイエットすることが大切です。

 

極端な食事制限や偏った食事によるダイエットは、妊娠したいときに出来なくなる可能性があります。あせらずゆっくりペースでダイエットを行ってみてくださいね。

よく見られている記事:

⇒本当に質の良い葉酸サプリを飲んでいますか?妊活中・妊娠中に絶対に必要な葉酸サプリの選び方と比較ランキング

 

⇒管理人一押しの葉酸サプリを徹底レビュー

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葉酸の種類には気を付けて!
おすすめの葉酸サプリレビュー
その他の葉酸サプリレビュー
葉酸の重要情報
最近の投稿
カテゴリー
ブログランキング
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ